NEWSニュース

ニュース

2017.12.4 新着情報

【産学連携】金沢工業大学の研究テーマ SDGs 選出されました 金沢駅で配布

金沢工業大学の経営情報フロンティア学部の

ゼミ研究課題が「SDGs」ということで、今回能登ヒバ和アロマが選定されました。


その集めた冊子を金沢駅で配布されました。 

 

SDGsとは?

SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)とは、国連に加盟する世界193か国が合意した17の目標、169のターゲットのことです。貧困等の途上国を中心とした社会課題の解決のみならず、気候変動等の先進国・途上国共通の社会課題の解決について、2030年までに達成すべき目標が設定されており、達成するためには政府・国際機関・民間企業・NGO・学術機関・市民等、様々なステークホルダーのパートナーシップが必要となります。 ※KIT公式サイトより引用

 

今回の無料配布イベントの趣旨は、消費者にとって魅力的な要素を持つとともに、購入・利用を通じてSDGsの達成に貢献できるという特徴を持った製品・サービスの存在を、多くの人々に知ってもらうことです。

 

詳しくは、金沢工業大学の公式ホームページで紹介されています。

 

http://www.kanazawa-it.ac.jp/kitnews/2017/20171201_sdgs.html

 

今回発刊される冊子は、以下2部

・全国からはプレミアム15選

・金澤からはガイドブック14選

 

SDGsの大きな根幹は、「持続性」

継続は力なり、ですね。


寒そうな中で、頑張って頂きました^^


SDGsは近年話題のトピックでもあり、

当社のコンセプト

”持続性”

”地域活性”

”追跡可能性”

など、かなりシンクロしている箇所がありました。


金沢工業大学の学生さんたちにも、

持続的な研究を行って頂きければ、その先に学生さんにしかできないPRに繋がると思います。


金沢駅の観光案内所にも数部設置されるようなので

ぜひお手にとってみてください。


金沢工業大学の研究室の皆さま選出して頂き

ありがとうございました。