BLOGブログ

ブログ

2020.2.11 和アロマ OEM事業

ウッドキューブの使い方 ヒノキやヒバの香りを楽しむ方法 NOTO能登ヒバキューブ


石川県産の能登ヒバから削り出したキューブ。




1センチ角のちょうど良いサイズを詰めたアルミ缶のキューブセットがECショップに登場しました。









◆アロマギフトのショップ AromeCourrierアロームクーリエ


使い方は、缶を開けて、クローゼットや靴箱に入れても良いし、

香りを強くしたい場合は、別売りのアロマオイル(能登ヒバ、ヒノキ)を垂らすとさらに香りは残ります。




ただ、香り自体は電源を使っていないため、ほのかな香りです。

より強い香りを求める場合は、アロマディフューザーをおすすめします。


木のキューブはインテリアとしても良いので、

サシェ、オーガンジーに詰めて飾るとインテリアにしつつも、こっそり虫除けや消臭作用にも期待できます。

アロマギフトでは期間限定でサシェも付いてきます。



個人的には、メタリックなアルミ缶に入れたキューブがおすすめ。

持ち運びにも便利で、見た目もスタイリッシュ感あります。

さらに、使わない時には、蓋を閉めておけば、香りも逃げない♪





※企業様のOEM、ODMとしてラベルシールとアロマオイルをカスタムできます

トピックスTOPICKS