BLOGブログ

ブログ

2021.5.5 ┗ サ行 ┗ ア行

今更聞けない菖蒲の違い ショウブ(菖蒲湯/カラムス)の効果と アヤメ、花ショウブ、カキツバタ、アイリス精油の違いと比較表 育て方


5月5日は端午の節句ですね。日本ではこども日として祝日です。

中国では剣のように真っすぐに伸びる葉の形や、その強い香りが
無病息災を祈念して、軒先にショウブを吊るして魔除けにしたり、ショウブをお酒にして飲んだことが起源と言われます。

日本に入ってからは、さらに「尚武」=「勝負」に負けないという意味も含まれたようです。

ショウブの葉の香りを嗅いだことがある方はお分かりの通り、
部屋に置いておくだけでも、強烈な独特の香りがします。
この芳香物質が色々な機能改善に役立つと信じられてきた歴史があります。

長い歴史があるショウブには、アヤメという呼び方や見た目でもややこしい点が多い植物のひとつです。
今回は、似た種類の区別の仕方と、ショウブの特徴をご紹介します。

アイリス(イリス)の意味



アロマテラピーをご存知の方だと、『アイリス(Iris)』の精油を耳にしたことがあるはずです。

英語をそのまま読んで「イリス」という呼び方もあります。

まずはこのアイリスについてご説明します。

ギリシャ神話には、ギリシアの言葉で”イーリス”という虹のようなキレイな女神が登場します。
英語では「アイリス 」と呼びますが、
アヤメ科アヤメ属の中には花びらの色がそれぞれ違う珍しいお花もあるので
レインボーフラワーという意味としてこのアイリスが当てられました。

区別の仕方は諸説があります。

狭義のアイリスは、ジャーマンアイリス、ダッチアイリスなどヨーロッパ原産の花を指します。

広義のアイリスは、アヤメ、カキツバタやハナショウブ、ジャーマンアイリスなどアヤメ科アヤメ属のキレイな花を咲かせるものの総称を”アイリス”と表現しています。

ヨーロッパ原産のアイリスはとても大きな花を持つイメージがあります。

アイリスのアロマは世の中にいくつかあるため、
詳しく個体名を知りたい場合は学名、MSDSや規格書をメーカーから取得することをおススメします。

ただし、日本の場合、アロマオイルは雑品として取り扱われているので
小売店や通販で個人の方が購入した場合はMSDSなどの発行は義務化されておらず
問い合わせしても、開示されないことがほとんどです。

ショウブとアヤメの違い



さきほどの”アイリス”が広義ではアヤメ科アヤメ属のアヤメ、ハナショウブやカキツバタなど全般を指します。

一方でショウブはショウブ科(またはサトイモ科)です。

少し話はそれて、補足ですが、植物の体系を分類する方法には大きく二つあり、
APG体系と新エングラー体系があります。

〇〇科、△△属・・というアレです。


●新エングラー体系(modified Engler system)
1892年 エングラー氏による進化は単純なものから複雑なものへと進むという進化論に基づく

●APG体系(被子植物系統グループ /Angiosperm Phylogeny Group)
1998年 ミクロなDNAなどゲノム解析から実証的に分類体系を構築するものとして新エングラーより進化

二つとも全く別の考え方を根拠に分類しているため、一部で科目の分類がズレたり、
また数年ごとに新しい分類を発表するため、変わったりしています。

ショウブはもともとはサトイモ科でしたが、
最近になってAPGの分類上ではショウブ科が新設され独立した経緯があるようです。

インターネットで検索をかけると、サトイモ科のままのページがあった場合は
その時期の分類としては間違いではないということです。

属する世界が全く違うのになぜ同じ漢字を使うのか・・
その違いを説明する前に一覧表をご覧ください。

ショウブ、アヤメの一覧



自分なりにまとめてみました。学名や通称などは主要なもののみ表示しています。
一部解釈によって相違あるかもしれませんし、まとめ方がまだ完璧ではないかもしれません。
ご指摘や修正箇所などあれば、ぜひご意見ください・・

菖蒲の名称変更

ショウブ(①)は万葉集にも登場するように、ショウブは大和朝廷時代以前の古くから存在し
当時はショウブ(①)のことを「菖蒲」という漢字を当て、さらに呼び方を「あやめ」と呼んでいました。

その中で、美しい花を咲かせるアヤメ(②)はショウブ(①)に葉の形状や生育環境が非常に似ていたので
区別するために「はなあやめ」と呼ばれていました。

この時点で、葉の形に騙されずにアヤメ(②)に全く別の名前をつけておけば、混乱が起きずに済んだのですが・・
これからショウブ(①)には悲しい出来事が続きます。

その後、「はなあやめ」(=アヤメ②)のキレイな花の人気が急上昇し、
本来はショウブ(①)の読み方であるはずの「菖蒲」という漢字をはなやめに当てはめることになりました。

例を使って改名する流れを確認してみます。

【初代あやめ入学】
先輩:”あやめ(菖蒲)”(=現代のショウブ(①))

【葉が似ている後輩が入学】
先輩:”あやめ(菖蒲)”(=現代のショウブ(①))
後輩:”はなあやめ(花菖蒲)”(=現代のアヤメ類(②)
※先輩に気を遣って当初は「はなあやめ」に一旦落ち着く

【後輩があやめを奪う】
先輩:”あやめ(菖蒲)”(=現代のショウブ(①))
後輩:”あやめ (菖蒲) > はなあやめ(花菖蒲)”(=現代のアヤメ(②))
※後輩のキレイな花が人気、”はなあやめ”から”あやめ”の呼び方が一般化

【先輩改名、あやめからの卒業】
先輩:”あやめ →ショウブ(菖蒲)”(=現代のショウブ(①))
後輩:”あやめ(菖蒲) or 花ショウブ(花菖蒲)or はなあやめ(花菖蒲)”(=現代のアヤメ(②))

※明治時代(18世紀)以降に、広義で「あやめ(菖蒲)」「花ショウブ(花菖蒲)」 の中には、アヤメ(②)だけでなく、ハナショウブ(③)さらにカキツバタ(④)も含まれるようになった。

以上、大まかな流れです。

結果としてアヤメ(②)は、とてもキレイだったので、もともとあった「あやめ」「菖蒲」「花ショウブとしてのショウブ」という読み方までも全てゲットした訳です。

先輩のショウブ(①)は「あやめ」という名から改名して「ショウブ」になり、しかも、漢字の「菖蒲」はアヤメ(②)とルームシェア状態。

後輩の方が人気も知名度も抜群というこの先輩の気持ちになると、
このショウブの運命は何とも可哀想に思えます。

しかし、彼にも大きなパワーが秘められているのです。

ショウブの成分、効果


主要成分 テルペン、オイゲノール、アサロン(β)

血行促進や、疲労回復におすすめの成分が含まれています。

葉よりも根茎(根っこ)の部分に特に多く含まれるので、お風呂に入れる時は、しっかり洗って根茎も一緒に入れるとポカポカするかもしれませんね。

テルペンというのは、アロマテラピーにもよく使われる精油には多く含まれており、リラックス作用が期待できます。

オレンジやベルガモットなどにも多く含まれ血圧や炎症を抑えるともいわれます。

オイゲノールは、抗菌・抗ウイルス作用があると言われます。

クローブのオイルから発見されたと言われ、防虫、防腐効果も期待できます。

しかし、B-アサロンという成分はとても強い刺激があるのですが、

人体にも一部有毒な影響があるという研究結果があるようです。

高濃度に濃縮する精油などにしてしまうと、必要以上に多く揮発した香りを吸い込んだり

経皮・経口吸収することは絶対に避けてください。

また、入浴に使う際は、妊婦・産褥時期は避けて欲しいのと、
肌が弱い方は事前にパッチテストをして影響がないかを確認しておくと良いと思います。

(免責事項:効果効能に関しては、あくまでも配合される成分自体の一般的な効果であり、必ずそのような結果を導くことを示唆していません。また本コラム記載をご自身で利用する際は、自己責任で行ってください。当サイトでは薬機法・医師法に抵触するサービスの提供は行っておりません。記事の一部、全部の引用およびURLのリンク引用に関しても事前に引用許可を申請するようにお願いします。)

ショウブの香りを自宅で楽しむ


家庭でも菖蒲の香りを楽しむ方法があります。

根茎が届くので、そのまま育てて鑑賞もOKだし、

ビオトープとしてメダカを泳がせたりして楽しめるし、

次回の5月に向けて菖蒲湯にも使えそうです。

ショウブ、アイリス精油の相場


ショウブ科のショウブ精油、ショウブアロマは確認できません。

やはりショウブ科(サトイモ科)の場合は
その強い成分が理由で、発がん性があるなど有毒になってしまう可能性が高いです。

一方で、アイリス系(アヤメ科)の場合は、根から抽出した精油が販売されています。

原産地はモロッコやイタリアが多いですが、とても希少価値があるため、イリス単独の精油の流通は少ないようです。

ショウブと比べて、成分自体にはそれほど効果効能は少ないですが、

香りは、お花のスミレに似たヴァイオレット系の使いやすい香りです。

非常に特徴が強いので、香水を作るときのアクセントとして少量ずつ使うとコスパが良いでしょう。

また、根を乾燥させて抽出するのに、有機溶剤抽出をする必要があるので、価格は相当高い部類です。

楽しみ方は、こちらも刺激は強い部類に入るので、マッサージや妊婦さんは避けて、芳香浴のみにした方が無難です。

■Amazonでイリス(アイリス)精油を購入する



ブレンド精油の中に一部イリスが使われているものがあります。


ブレンド精油や、ロールオンのオイルでも香りを楽しむことができます。

菖蒲が見られる場所


最後に、都内でも菖蒲の有名な庭園をご紹介します。




堀切菖蒲園
所在地〒124-0006 東京都葛飾区堀切2-19-1電話番号葛飾区公園管理所 : 03-3694-2474
静観亭:03-3693-6636開園時間
午前9時から午後5時まで
https://www.city.katsushika.lg.jp/institution/1000096/1006888.html


トピックスTOPICKS