BLOGブログ

ブログ

2021.4.29 ┗ ハ行 アロマ検定

バジル精油 効果と効能 イタリアのジェノバ駅でおススメのフォカッチャとピザ ジェノベーゼの由来



イタリア料理のピザやパスタにもよく使われるバジル。

バジリコなどとも呼ばれ家庭菜園でも気軽に育てられる身近な植物のひとつ。

日本ではメボウキという名前で親しまれています。

食べても美味しい、精油がたっぷり含まれているバジルの精油について今回は紹介します。

バジルのプロフィール


英名 Basil
学名 Ocimum basilicum L.  
科名 シソ科 
抽出部位 葉、まれに花
抽出方法 水蒸気蒸留法
主要成分 リナロール、オイゲノール、メチルカビコール
主要産地 エジプト、フランス、イタリア、インド


日本でも一部栽培されていますが、寒さに弱いので1年草として扱われます。

また、150種類以上の種類があると言われ、ホーリーバジル、レモンバジルのほかにも多数あります。

バジルを育て方、花の開花


バジルを昨年頂きました。
葉がたっぷりあります。

バジルは日本の冬の気温には通常耐えられないので1年草として扱われます。
でも、せっかくなので来年も楽しみたい!
ということで、

食べる分を含めて、切り戻しをした際の茎を挿し木して、冬の間室内で日に当てながら育ててみました。



切る位置を失敗したので、葉っぱがかなり少なくなってしまった挿し木もありました・・

しかし、4月下旬になったころに変化が。



花が咲きました!!


葉が少ないのと、通常は7月頃に咲く花がなぜ今頃咲いてしまったのか・・という不安はありますが、

とても嬉しい出来事でした。


もっと大きく育てれば、こちらのように花がたくさん咲くらしいです。

写真AC

これから暖かくなるとさらにどこまで育つのか楽しみです。

バジルの効果効能

心への効果



バジルに含まれるリナロールには、抗うつ作用があります。

また、香りがスパイシーな香りもするので、元気になる効果も期待できます。

体への効果


●葉、茎は食用


イタリアンでは、パスタやピザにも使われます。


マルゲリータ、大好きです!

そう、バジルといえば、ジェノベーゼ。
ジェノベーゼの由来にもなったいイタリアのジェノバ。
少し脱線しますが・・

以前フランス〜イタリアへローカル電車で旅しました。

フランスのグラース→ニース→イタリア・ヴァンティミリア→ジェノバ→ピサという行程。

途中のジェノバ駅で電車の待ち合わせがあり途中下車した時の
スイーツ、フォカッチャやピザがめっちゃ美味しかったな・・・と思い出しました。






イタリアの玄関口のジェノバ プリンチペ駅



コロンブスが生まれた町がジェノバ近郊なので、ロータリー側にはコロンブスの立派な像が構えています。

さて、電車の待ち時間を使ってノープランで観光。

フォカッチャ!!


やけにフォカッチャが多いな、と思い後から理由を調べてみました。

ジェノバがフォカッチャの発祥らしいです。

火を意味するFuocoが由来で、フォカッチャは、「火で焼いたもの」を意味していて
ピザの原型ともいわれています。


でかいのにふわふわで美味しすぎるし、とにかく安い!
日本でいうとおにぎりのような感覚で皆さん購入している感じです。

なるほど、ジェノバのフォカッチャがイタリアのピザを生んだのか。。


カスタードクリーム入りのシューっぽいものを食べ歩きながら、座って食べれる店を探します。


朝からほとんど食べていないので孤独のグ●メのように腹が減った、、とつぶやいています。



ジェノバは急な坂が多く、道幅が狭いなーという印象。

5分ぐらい歩いたところに”GENOVESE”という読める文字を発見。





店内はこんな感じです。

大衆食堂以上、個人で経営しているファミレス未満、のような雰囲気。
とにかく気軽な感じで料金も分かりやすかったです。そして安かった。


席に通されます。
テーブルクロスの上に前の客が食べた後のピザかなんかのカスが見えますが、ご愛敬・・

せっかくジェノバに来たし、ジェノベーゼピザを食べるつもりだったけど・・

プロシュットピザにしました笑

これからジェノバ〜ピサまでも相当時間がかかりそうだったので
タンパク質をしっかり摂ろうということでこちらをオーダー。

注文から3分程度で出てきたのが驚き。



半端なく美味しかったです。

結局バジルはひとつも出てこない旅ですが、
イタリアのジェノバに行かれたらぜひフォカッチャとジェノベーゼをお忘れなく。

この食堂を調べるとFacebookがあったのでご紹介します。


ようやく本題に戻ります。

バジルは、世界的に食されており、
タイではカレーにも入れることで有名ですよね。

理由はスパイシーさと、食欲増加&消化促進でダイエット作用があるとのこと。

カロテンやビタミンEのほか、ミネラル分も豊富で、食物繊維も含まれるので胃腸にも良さそうです。

見た目も緑なのが鮮やかです。

●オイルで薄めてマッサージ
バジル精油は、抗炎症作用もあるので、夏場の火照りにも良いですし

肌荒れなどの予防にも良いかもしれません。

●運動後、日焼け後には冷湿布(れいしっぷ)
鎮静させるために冷たい水にタオルなどをつけて冷湿布をつくります。

運動直後や火照った体は冷やすことで、翌日のむくみや筋肉の炎症をおさえます。

もちろん、しっかり香りを吸い込んで脳もリラックスさせてください♪


空間への効果



ノート:トップ、ミドル

単体で使うと、少々香りの癖が強いですが、

柑橘系と混ぜるとグリーンのハーブとのバランスが爽やかに落ち着きます。

クローブやシナモンなどエキゾチックスパイシー系と混ぜるのも面白いかも。



アロマディフューザー意外の方法として、
ポプリとしてドライフラワーにもアロマを垂らすのも結構お洒落です。


おすすめブレンド

●気持ちを元気に前向きに
 バジル精油:レモン精油:=1:1

●虫除け
 バジル精油 :ユーカリ精油(ミント)=1:1

●香水のアクセント
 バジル精油:ムスク香料:フランキンセンス精油:1:1:1

単体よりも、ほんの1滴をブレンドすることを意識してください

バジル精油の相場


比較的手ごろな部類です。

10ml入りの方がmlあたりの単価は安いです。ただし、バジル精油自体はあまり多く出回っていないので店頭よりもネットで注文する方が効率的だと思います。


■ビジットブライト /アザロ/2006年

新鮮な緑色の水性の香りを放出する
「明るさ」と同時に
木質の「スパイシーさ」があります。

■ラリック プールオム/
ラリック/1997年


香調:オリエンタル ウッディ
宝飾ブランドの最高峰
「ラリック」のメンズ
フレグランス。
ベルガモット、マンダリン、
ジャスミン、アンバー、
パチョリ、サンダルウッド
などからなり、頼れる男感が
滲み出るフレグランス。


■アクア アレゴリア 
マンダリンバジリック/
ゲラン/2007


香調:アロマティック シトラス
弾けるような、輝きのある、
明るい香り。

「マンダリン バジリック」は、
きらめくほどにストレートに
香る濃厚なマンダリンオレンジ、
スパイシーでフレッシュな
バジルとの絶妙なミックス。

この弾けるフレッシュさが、
前向きな気分になれる
グリーンティのノートと
相まって、やがて、
エレガントなアンバーの
ベールに包まれていきます。

トップノート:
マンダリンオレンジ、バジル

ミドルノート:グリーンティ
ラストノート:アンバー

■ディオレラ/
クリスチャンディオール/
1972


1972年発表。
エアリーなフレッシュグリーンノートです。
フレッシュなシトラスと、モス、ウッディが香る
優しい香りが使いやすいフレグランスです。


香水名/メーカー/製造年 
出典/香料植物の図鑑 
フレディ・ゴズラン原書房
バジルは天然精油手ごろですが、
単体で販売しているところは
意外と少ないです。

知る人ぞ知る、そして、
香水にもブレンドしやすい
グリーンフレグランスの一つ。

使い方によっては、香りが
いのでコスパが良い、
とも言えます。

アロマをブレンドする時に、
毎回なんとなく似たような香りに
なってしまう、
というときにも役立ちます。

バジルを食べながら、香りでも
ディフューザーやマッサージ
などで色々と楽しんでくださいね。



※当記事で紹介した内容は、精油の成分に対しての言及であり、
確実な効果の実現や医療行為としての使用を推奨しているわけ
ではありません。使用や購入に関しては、
各自の責任でお願いします。



トピックスTOPICKS